本文へスキップ

小児科・アレルギー科・内分泌科・腎臓科 西宮市の たにざわこどもクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0798-22-8341

〒662-0971 西宮市和上町1番15号

低身長の方へmedical guide




●はじめに

 子どもは成長と発達が特徴です。身長や体重は年齢や性別によって一様ではありませんが、
 増加することが普通です。
 どの年齢でも年間5cmは最低でも伸びます。
 背が低いと劣等感を持つことで子どもが悩むことがあります。
 成長ホルモンによる治療や原因となる病気を早期発見して治療ができる場合があります。
 下記の項目に該当することがあれば、気軽にご相談ください。



●低身長で受診の目安

@ 身長標準偏差スコア(身長SDS)が-2SD以下(表)である場合

 統計学的に同年齢・同性の100人のなかで前から2.3人目になります。
 確率的に目立つ低身長で、医学的に検査をしてみる価値があります。

A 成長速度が5cm/年以下である場合

 どの年齢でも年間5cmは最低でも伸びます。この状態が持続すると、将来-2SD以下の低身長になる心配があります。



B 成長曲線が気になるパターンを示す場合(図)

 Aのパターンは3歳頃から背がのびないのが目立ってきます。成長ホルモン分泌不全が疑われます。

 Bのパターンは途中まで問題なかったお子さんが背が伸びなくなってきます。
 他に病気、例えば甲状腺、脳腫瘍など、があることがあります。

 Cは思春期になっていないのに急に背が伸びて大人っぽくなる場合です。
 思春期早発症、いわゆる「おませ」が疑われます。



●受診時に成長の記録があると、成長曲線が描きやすくなります。

 母子手帳や保育所、幼稚園、学校での身長、体重の記録を持参ください

私は永年にわたり大学病院で、専門性の高い慢性疾患の診療と研究、学生教育に携わってまいりました。このたびは定年退職を迎え、いままで経験した勤務医や医育機関の医系教員としての蓄積を地域医療に生かしたいと思いました。大学病院では十分できなかった患者さんの立場に配慮した専門医療と予防医療、一般医療を総合した子ども医療を実践を目指します。


子どもの急性期疾患の治療と予防医学は重要な領域です。早期発見と適切な治療を目指します。また、子どもの慢性疾患医療のゴールは社会へ貢献できる成人にまでハンディキャップを最小にし、心身ともに健康な成人に育てるという長期的視点を持つことも要求されます。子どもの成長と発達段階に見合った治療と心理的サポートが不可欠です。

とくに、慢性疾患、低身長、クレチン症などの内分泌疾患や腎炎・ネフローゼなどの腎疾患、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を診療の中心にいたします。


たにざわこどもクリニック院長 谷澤隆邦













たにざわこどもクリニック
〒662-0971
西宮市和上町1番15号
TEL 0798-22-8341
FAX 0798-22-8342